CAI

大仏造立プロジェクト/German Suplex Airlines [ ミニ大仏ワークショップ ]

Big Buddha Project/German Suplex Airlines

会期 2021年11月11日(木) – 11月21日(日)
休館日 11月15日(月)
時間 13:00 – 19:00
会場 CAI03 札幌市中央区南14条西6丁目6-3

大仏型の棚と装飾された小さな大仏によって表現される社会の景色。7月に大阪で開催された展示会では、棚に密な状態で並ぶミニ大仏が購入され、個体同士に隙間ができることで、このコロナ禍で形成されてきた距離を表現しました。その後、新宿での展示会を経て、今回の北海道では、ワークショップにより制作されたミニ大仏が棚に追加されていくことにより、その逆の人の流れ、即ち、賑わう街の姿を「今後われわれが取り戻していく未来」を表現します。

2020年5月、コロナ禍のなか始動した「大仏造立プロジェクト」は、誰でもが参加できる前向きなアクションを集約することによって、現代の新たな大仏を造立することを目的に活動を続けています。今回の展示では、数百体のミニ大仏をのせた「大仏型の棚」、人々の「悩みや不安」を託されるべく全国行脚を行った「勧進キャラバン」の記録、プロジェクトにまつわる様々な資料を展示します。展覧会中には、それぞれの想いを込めたオリジナルの「ミニ大仏」をつくる「ミニ大仏ワークショップ」を実施します。

German Suplex Airlines

6人の作家が集い、独自の表現を社会にどのように浸透させていくかを考え、様々な分野のプロフェッショナルたちと協同しながら、プロジェクトとして実行することを活動の柱にしています。また、今回のプロジェクトのように、所属作家個人が抱える作品プランやプロジェクトを基盤にし、コレクティブ全体の能力を生かしながら、発展させていくことも行なっています。

ジャーマンスープレックスとは、人の天地を逆さまにして床に叩きつけるプロレス技です。私たちは大きな目的として、天地がひっくり返るような概念の転換を生み出せはしないかと考えています。更に、エアラインが意味するものは、ひっくり返ったものを上昇させるイメージを与えることと、社会に浸透して得ていく資本で航空会社を持つという、物理的目標を持つ為です。

 アートという思考。それだけでどれだけの物を得られるかを貪欲に追求しています。

[ ミニ大仏ワークショップ ]

ワークショップ日程:12日(金)、13日(土)、14日(日)、19日(金)、20日(土)、21日(日)
ワークショップ時間:13:00-15:00、16:00-18:00
会場:CAI03 札幌市中央区南14条西6丁目6-3

(参加希望の方は、下記アドレスまで「お名前/参加日時/参加人数/」をメールしてください。)
ご予約、お問合せ先:info@bigbuddha.jp

それぞれの想いを込めたオリジナルの「ミニ大仏」をつくるワークショップです。
展覧会の会期中は、「棚大仏」の中に展示させていただきます。

ワークショップの参加費は1 体、1,100 円、
ミニ大仏を持ち帰りたい場合は、別途料金。

✳︎ ご自宅で「ミニ大仏」を制作したい方は、3,980円 (送料込)。
 無垢なミニ大仏/接着剤/説明書を入れた「ワークショップキット」をお送りしています。
 ご希望の方は、以下のページよりご注文ください。
 https://tadakarabotamochi.com/minibuddha/

ARTISTS

  • 風間天心

    Tengshing KAZAMA