CAI
CAIExhibitionArt projectArt schoolArtists
CAICAI
CAIAbout usAccesscontactBlogCAICAI
CAICAI
Exhibition

Next Exhibition

  • 高橋喜代史 個展 「1つの言葉、3つの文字」

    会期  2019年7月27日(土)- 8月24日(土)
    休館日  日曜・月曜・祝日
    時間  13:00〜19:00
    会場  CAI02 札幌市中央区大通西5 昭和ビルB2
            [アクセス]
    オープニングパーティー  7月27日(土)19:00〜21:00
    アーティストトーク&クロージングパーティ  8月21日(水)19:00〜21:00
    トークゲスト:福地大輔(元釧路市民文化振興財団学芸員)

    異なる複数の文化や価値観をむすびつけ、多面的な作品を制作している高橋喜代史。CAI02では5年ぶりとなる個展「1つの言葉、3つの文字」を開催する。

    2018年における日本での難民認定申請者10,493人のうち認定者は42人に留まる。本展はそのような日本の現状を起点に、英語・日本語・アラビア語の3つの言語をもちいた映像インスタレーション、ドローイング、小作品を展示する。
    「他者を受け入れることは可能なのか?」という問いのもと、遠くの場所で起こっている出来事を自らに接続するため、難民認定申請をする人々の状況と自分を重ねる行為を街中で行います。助けを求める者に遭遇した時、我々はどのような態度をとるのか?その行為と記録から人々の関心/無関心について考察します。

    8月21日(水)にはゲストに学芸員の福地大輔を招いてアーティストトークとクロージングパーティを行います。

    高橋喜代史
    1974年生まれ。フランス、ニュージーランド、北アイルランドでの個展、カナダ、ドイツ、中国でのグループ展など国内外で活動。2012年より500m美術館、PARC、Think Schoolなど企画や運営を行う。2015年一般社団法人PROJECTA設立。


    poster POSTER/2018/映像

    signal SIGNAL/2017/映像

pagetop