CAI
CAIExhibitionArt projectArt schoolArtists
CAICAI
CAIAbout usAccesscontactBlogCAICAI
CAICAI
Exhibition

門馬よ宇子展

会期  2014年8月9日(土)〜8月17日(日)
休館日  休みなし
時間  13:00〜19:00
会場  CAI現代芸術研究所 札幌市中央区北1条西28丁目2-5

共催:ギャラリー門馬・CAI現代芸術研究所

門馬よ宇子展

札幌国際芸術祭2014連携事業 市内ギャラリーネットワーク「ハコレン」に参加しているCAI現代芸術研究所では、門馬よ宇子展を開催しています。

現在、札幌国際芸術祭2014が開催され国内外より多くの来場者で賑わいをみせていますが、この国際芸術祭実現に多大な貢献をしたのが、故門馬よ宇子さんでした。
2006年、本格的な国際芸術祭開催を念頭におき国内外作家16名による「FIX・MIX・MAX!現代アートの最前線」が北海道立近代美術館で開催されました。
中心になったのが民間のギャラリーオーナーであり美術家でもある門馬よ宇子さんでした。
門馬よ宇子さんは、当時80才という高齢にもかかわらず、2002年に自らの自宅を改装し若手の育成を目指したレンタルギャラリーを開設。特筆に値するのはレンタルギャラリー開設以来、そこで得た収入をひとつ残らず貯金し、それに加え自らの着物、帯などを売ったお金を「FIX・MIX・MAX!現代アートの最前線」開催のための費用に充てたことです。これは札幌での本格的国際展開催に向けた自らの夢と将来の北海道美術界に対する希望の思いからでした。その彼女の思いが多くの若手アーティスト、ボランティアの気持ちを動かせ、彼らは足りない資金の補填のため援助金、スポンサー獲得に走り、驚くことに一切の助成金申請を行わず展覧会費用全額を集めたのです。展覧会動員数も9日間という短い会期にもかかわらず、3300人が来場しました。
残念ながら門馬よ宇子さんは、この展覧会の半年後に他界しましたが、その意志と思いは、2007年に若手作家の育成と支援を目的とした「FIX・MIX・MAX!アワード」さらに2008年、第二回目の開催となった「FIX・MIX・MAX!2̶現代アートの最前線」、直接的な芸術祭実現へのトリガーとなった「札幌ビエンナーレ・プレ企画展」に引き継がれています。

現在、門馬よ宇子さんが夢みた札幌国際芸術祭2014が開催されています。
私個人としては、是非この様子を彼女に見せたかった。門馬よ宇子さんという存在が無ければ、今回の札幌国際芸術祭は実現していなかったかもしれないと思うからです。
この度、札幌における現代美術の母と呼ばれた門馬よ宇子さんの個展を国際芸術祭期間中に実現できたことは私にとってこの上ない喜びです。

CAI現代芸術研究所代表 端 聡

pagetop