CAI
CAIExhibitionArt projectArt schoolArtists
CAICAI
CAIAbout usAccesscontactBlogCAICAI
CAICAI
Exhibition

Kevin Gaffney & Sally-Anne Kelly “The Moonless Ocean”

会期  2014年8月9日〜8月30日
休館日  日曜祝日
時間  13:00〜23:00
会場  CAI02 raum1 札幌市中央区大通西5 昭和ビルB2

主催:CAI現代芸術研究所
協力:旧札幌ビエンナーレ・プレ企画実行委員会有志メンバー
札幌国際芸術祭連携事業(hacoren−札幌ギャラリーネットワーク)

Kevin Gaffney & Sally-Anne Kelly “The Moonless Ocean”

2011年に開催した札幌ビエンナーレ・プレ企画プロポーザル国際コンペティション「北海道、札幌で、あなたなら、どんなアートをしますか?」において大賞を受賞Kevin Gaffney & Sally-Anne Kellyの展覧会を、CAI02を会場に開催します。
http://www.sapporo-biennale.jp/?p=1641

Kevin Gaffney & Sally-Anne Kelly ケビン・ガフニー、サリーアン・ケリー
http://www.kevingaffney.co.uk


展示作品タイトル:月のない海 
「月のない海」は、と映像と写真による2つのプロジェクト「月のない海」「二重の世界の中で」から成るインスタレーション。この2つのプロジェクトは、アイルランドとチェコで今はもう使用されておらず崩れ落ちそうな公共浴場とプールを舞台とし、撮影されている。

Exhibition Statement
The Moonless Ocean is an installation comprising of two video and photography projects: The Moonless Ocean and Being in the Twofold World. The two projects were filmed in abandoned public baths and pools in Ireland & the Czech Republic, with the decaying architecture acting as a stage for the artists’ performances.


The-Moonless-Ocean1_300dpi

「月のない海」(8分23秒、2013年)はダブリン(アイルランド)の海岸に点在するかつて海水浴場であったところで撮影された。登場人物は姿が完全にわからないよう顔と身体をプラスチックとゴムのマスクで覆うことにより、偽りの姿を探っている。自身を超えた姿を追求する行動は遂行的かつ儀式的要素を持つ。また、登場人物は、何か目に見えないものを絶え間なく探り-もしくは消し去ろうとして-互いの動きを繰り返し真似ているように見える。タイトルは、また別の物理的な存在を示唆している。つまり、海上に月の力が存在しないことが、登場人物の無秩序状態の現れとして示されている。「月のない海」は、アイルランド・アーツカウンシル・フィルムプロジェクトアワードの助成を受けた。

The Moonless Ocean (8mins 23sec, 2013) was filmed in abandoned tidal sea baths that are dotted around the coast of Dublin, Ireland. The characters explore the presentation and manipulation of the self, and are masked in plastic & rubber duplicates of their own faces and bodies which act as limits to their transformation. Actively pursuing a transcendence of the self often has a performative and ritualistic element, and the characters are seen repeatedly simulating each other’s actions in an incessant search for- or an attempt to erase- something unseen. The title suggests another physical existence; where the power of the moon over the ocean does not exist, acting as a reflection of the character’s state of entropy. The Moonless Ocean was supported by the Arts Council of Ireland’s Film Project Award.

Video previews
The Moonless Ocean https://vimeo.com/60494135



IMG_6110

「二重世界の中で」(3分 30秒、35mmスライド写真シリーズ、2013年)は、ガフニーが新進芸術家へのスタートポイント・アワードを受賞し、チェコに滞在していた際に、現在は使用されていない公共浴場で写真・映像の撮影をおこなった作品である。登場人物の様子は、連続写真全体にわたって変化し、断片的な物語を作り出している。ビデオでは、鳴り続く電話は決して実際に現れることのない切迫した恐怖を示す。電話をモチーフとして用い、映像を繰り返し関連付けることにより、記号的に予想させている。
タイトルは、「自己は特定の世界に存在しているが、世界そのものもまた無限に開放されている」という上田閑照による二重世界の哲学を示すものである。

Being in the Twofold World (3mins 30sec, and 35mm slide photography series, 2013) was photographed and filmed in a disused communist bathhouse in Prague, Czech Republic, during Kevin’s residency as part of the Startpoint Prize for Emerging Artists. The characters’ appearances morph throughout the series of photographs, creating a fragmented narrative of their transformation. In the video, the ringing telephones signal an impending horror which never materialises. The telephone is used as a motif, employing its cinematic associations repeatedly to create a symbolic anticipation. The title is in reference to Ueda Shizuteru’s philosophy of a primordial twofold world; where the self exists in a specific world, but that world itself is located in an infinite openness.

Video previews
Being in the Twofold World https://vimeo.com/66726396



プロフィール

ケビン・ガフニー
写真および映像の分野で活躍するビジュアル・アーティスト。2011年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(写真および映像表現)修士課程を卒業。チェコにて、新進芸術家のためのスタートポイント・アワードで選外佳作となった。2012年、ロンドン・ショートフィルム・フェスティバルのホワイト・リトル・ライ・アワードを受賞。2014年、アイルランドのアーツカウンシルよりフィルム・プロジェクト・アワードを受賞し、台湾の台北アーティスト・ビレッジのレジデントアーティストとして新たな作品づくりに取り組んだ。同じく2014年、UNESCOアシュベルグ奨学金を受け、韓国の国立現代美術館の国立アートスタジオに滞在。

アンサリー・ケリー
ダブリンを拠点に活動するビジュアル・アーティスト。2011年、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン修士課程を優等で卒業。2010年、パリのジャック・ルコック国際演劇学校にて実験的舞台芸術および活動を学んだ。2014年よりダブリンのファイヤ・ステーション・アーティストスタジオに、彫刻ワークショップ賞の受賞および奨学金を受け滞在している。2015年、ダブリンにあるドライオッチェ・アートセンターのレジデントアーティストとなる。

彼らの作品は、NTKギャラリー(プラハ、2012年)、カタリスト・アート(ベルファスト、2012年)、現代美術協会によるロンドン・ショーフィルム・フェスティバル(ロンドン、2012年)、Wannieckギャラリーでの新進芸術家のためのスタートポイント・アワード(チェコ、2011年)など国際的な展示や映画祭でも見ることができる。また、主な個展として、ゴールウェイ・アートセンター(2013年)、RUA RED南ダブリン・アートセンター(2011年)、126ギャラリー(2008年)がある。自己出版写真集「The Unnameable」はアルル・フォトフェスティバルでブックアワード2013受賞、ダブリン・アート・ブックフェア(2012年)、東京アート・ブックフェア(2012年、2013年)でも展示された。


Biography

Kevin Gaffney is a visual artist working in film and photography. In 2011, he graduated from the Royal College of Art’s MA Photography & Moving Image, and was awarded an Honorary Mention from the Startpoint Prize for Emerging Artists in the Czech Republic. In 2012, he was awarded the Little White Lies Award from the London Short Film Festival. In 2014, he received a Film Project Award from the Arts Council of Ireland to create a new film as artist in residence at the Taipei Artist Village, Taiwan. In 2014, he was awarded an UNESCO-Aschberg Bursary for a residency at the National Art Studio at the National Museum of Contemporary Art, Korea.

Sally-Anne Kelly is a visual artist based in Dublin. In 2011 she graduated with distinction from an MA in Performance Design & Practice from Central Saint Martins College of Art and Design, London. In 2010 she studied experimental scenography and movement at the Jacques Lecoq International School in Paris. In 2014 she began a residency at the Fire Station Artist Studios in Dublin as a recipient of the Sculpture Workshop award and bursary. In 2015 she will be the Artist in Residence at the Draíocht Arts Centre, Dublin.
Their work has been shown in exhibitions and film festivals internationally, including; NTK Gallery (Prague, 2012), Catalyst Arts (Belfast, 2012), the London Short Film Festival at the Institute of Contemporary Arts (London, 2012), Startpoint Prize for Emerging Artists at the Wannieck Gallery (Czech Republic, 2011), and solo exhibitions at the Galway Arts Centre (2013), RUA RED South Dublin Arts Centre (2011) and 126 Gallery (2008). The Unnameable, a self-published photography book, has been exhibited at the 2013 Book Awards at Les Rencontres d’Arles, the Dublin Art Book Fair (2012), and the Tokyo Art Book Fair (2012 & 2103).

pagetop