CAI
CAIExhibitionArt projectArt schoolArtists
CAICAI
CAIAbout usAccesscontactBlogCAICAI
CAICAI
Exhibition

Faraway, So Close!

日時  2014年5月29日,30日,31日
会場  CAI02 raum1 札幌市中央区大通西5 昭和ビルB2
入場料  
1プログラム=¥1000 期間中お好みの1プログラムをご覧頂けます。
2プログラム=¥1800 期間中お好みの2プログラムをご覧頂けます。
フリー=¥2500  期間中3つのプログラムを好きな日時でご覧頂けます。
※前売りチケットはワンドリンクサービス
注:チケットは1プログラム毎にスタンプを押します。同じプログラムを2回見ることは出来ません。
注:前売りサービスのドリンクは、CAI02カフェの通常メニューとは異なります。
申し込み  
メール又はお電話でご予約下さい。
メール sano@cai-net.jp
tel 011-802-6438 (13:00〜23:00)

主 催:CAI現代芸術研究所
コーディネート:伊藤隆介、倉重哲二、大島慶太郎
協 力:SVP2、ギャラリー門馬
ゲスト:佐藤博昭(SVP2代表)

この度、CAI02では「Faraway, So Close!」と題し映画という表現を再考する上映会を行います。
札幌市はご承知の通り昨年11月にユネスコの創造都市ネットワークに加盟しました。その加盟ジャンルはメディアアートであり、今後札幌の創造性における新しい方向性としてソーシャルネットワーク含めテクノロジーと表現の可能性を探る現場となることが求められています。
そこでCAI02では今回、メディアアートの原点でもある映画に焦点をあて、札幌ではなかなか観ることのできない映画表現の新たな創造を紹介します。是非、ご高覧ください。



Faraway, So Close!


劇場の中でパニックを起こすほどの衝撃と共に映画が誕生してからほぼ120年の時が経つ。
技術の進歩と共に電子化され、放送、出版、通信等の社会的インフラとも柔軟に結びつきマルチな変容を遂げた映像は、その産声をあげた劇場空間から解き放たれ、今や個々の人々の手のひらに収まるまでに至った。
無論アートシーンにおいてもその存在感を増し、現代を描き出す主要な構成要素として浸透している。
常に私達に寄り添い絶え間なく人々の視覚的欲求を満たし続ける一方で、その裾野を見渡せない程に氾濫する映像にも目を背けることは出来ない。
バーチャルとリアルが共存するハイブリットな生活空間において、私達がこの広大な規模の映像環境と対峙する時、”映像とは一体何か?”という疑問を改めて持つことは出来ないだろうか?
本上映では、メディアとしての映像に対して明確な距離感を見出し表現する映像作家達をフィーチャーする。
その歴史観、地域性、現在進行形のアクションを通じて、名状ならざる映像又は、その状況を能動的に捉える切っ掛けを掴めるかもしれない。

Faraway, So Close!特設サイト
http://www.filmfilmfilm.org/faraway_so_close/




上映スケジュール


Aプログラム (82分)
5月29日(木)17:00〜、5月30日(金)19:30~、5月31日(土)13:00~

フリーラディカルス-実験映画の歴史(ピップ・チョードルフ/2010年/82min)
[上映内容の詳細はこちら]

fiac2 paik corn spec_2


Bプログラム (70分)
5月29日(木)19:00〜、5月30日(金)18:00~、5月31日(土)15:00~

版♯43〜44(二枚舌)(伊藤隆介/2009年/カラー/サウンド/16ミリ/5分)
当映画館にて上映されます(伊藤隆介/2010年/カラー/サウンド/16ミリ/5分)
Zmluva s diablom(悪魔との契約)(伊藤隆介/2013年/カラー/サウンド/16ミリ/5分)
DIGITAL-CINECALLIGRAPHY(倉重哲二/2013年/カラー/16ミリ/4分)
スクリプティングゴースト(倉重哲二/2005年/ビデオ/17分)
A FOUND BEACH -omnibus-(大島慶太郎/2012-2013年/カラー/サウンド/HD/22分)
Thinking Dot(大島慶太郎/2012年/白黒/サウンド/16ミリ/8分)
[上映内容の詳細はこちら]

han43-44 DIGITAL-CINECALLIGRAPHY ghost_still afb


特別上映 (60分)
5月29日(木)20:30〜、5月31(土)18:00〜

SVP2 「3.11」プログラム(2011年/カラー/サウンド/60分)
プログラム参加者
佐藤博昭、服部かつゆき、田中廣太郎、中沢あき、中村明子、大江直也、瀧健太郎、
河合政之、凡淡水、東英児、佐野洋介、重松 祐、黒崎陽平、石井陽之、大島慶太郎、
佐竹真紀、足利広、島田さやか
[上映内容の詳細はこちら]

2011KLEX-1 2011KLEX-3 2012-311-1 2014-311-5


トーク1
5月30日(金)Aプログラム上映終了後 21:00ころ〜

伊藤隆介、倉重哲二、大島慶太郎、自作の解説について等を予定

トーク2
5月31日(土)特別上映終了後 19:00ころ〜

ゲスト佐藤博昭氏(SVP2)による、3.11プログラムの解説、海外での上映体験について等を予定(聞き手:大島慶太郎)

pagetop