CAI
CAIExhibitionArt projectArt schoolArtists
CAICAI
CAIAbout usAccesscontactBlogCAICAI
CAICAI
Exhibition

中国現代美術展 上海摩登 -SHANGHAI MODERN-

会期  2010年2月6日(土)~2月20日(土)
休館日  日曜祝日
会場  CAI02 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)
オープニングパーティー  2010年2月6日(土)18:00~21:00

主催:上海札幌現代美術実行委員会
共催:CAI現代芸術研究所、Gallery門馬
協賛企業: 山謙工業株式会社,ソリトン・コム川上株式会社,不動産総合商社 未来通商株式会社, サッポロビール株式会社,日本清酒株式会社
協力:ACF(芸術・文化フォーラム),北海道華僑華人連合会
後援:中華人民共和国駐札幌領事館,札幌市,2010年上海万博公園彫刻プロジェクト日本委員会,日中友好道民運動連絡会,北海道上海友好協会,北海道日中友好協会
企画:Office339 http://www.office339.com/

現在、世界で最も注目を浴びる中国現代美術。 長い歴史を持ちながら今世紀の初めまで、一部を抜かしほとんど紹介されなかった中国前衛美術が北京オリンピックを前にして数多く世界に発信されたことは画期的な事実として記憶に新しい。
その切っ掛けとなったのが北京における工場跡地を芸術地区とした798芸術地区の登場でした。そこには欧米や日本からも有名ギャラリーが進出し、それに伴い世界中から若手アーティストが集結しました。勿論798芸術地区には新進気鋭の中国アーティストも多く集まり、積極的な欧米美術界との交流が行われたことから劇的に中国現代美術が進化し発展したのです。

20世紀にプリミティブアートの影響のもと謳歌した欧米前衛アートとは一線を引く、独創的な中国現代美術に現在では世界中に多くのコレクターが存在しています。
同じく上海でも時同じくしてM50芸術地区が誕生しました。元々資本主義だった歴史のある上海は北京に勝る勢いでアートマーケットにおいて急激な進展を見せており、多くの欧米アートバイヤーが集まると共に世界の注目を浴び、現在では北京と肩を並べています。

昨年6月、その上海M50芸術地区で北海道アーティスト11名による展覧会が開催されました。 中国における北海道ブームもあってか、なんとオープニングには1300人という動員を記録し注目を集めました。

その展覧会には多くの中国アーティストならびに芸術文化関係者も来場したことから、逆に北海道での中国現代美術展の企画が持ち上がり今回の展覧会へと至ったのです。 今回来札する8作家はほぼ全員が60年代生まれで、大学の教授や美術館の館長など、現在、中国美術界をリードし活躍している面々であり、中国現代美術における今日を体感する貴重な展覧会となるでしょう。


参加アーティスト

Ding yi / Li Lei / Huang Yuanqing / Xue Song / Pan-Wei / Chen Qiang / Qu Fengguo / Jing Yangping

pagetop