CAI
CAIExhibitionArt projectArt schoolArtists
CAICAI
CAIAbout usAccesscontactBlogCAICAI
CAICAI
Exhibition

Point Of Color -4人のいろ・4人の平面-

会期  2009年7月17日(金)~7月29日(水)
休館日  日曜祝日
時間  13:00~19:00
会場  CAI02 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)
オープニングパーティー  7月17日(金)19:00~

主催:CAI現代芸術研究所

最近、特に積極的な製作活動と新しい絵画の流を作っている若手アーティスト、笠見康大、蒲原みどり、西田卓司、森本めぐみによる平面作品を中心とした展覧会です。
笠見康大は表面的に60年代70年代を思わせる大胆でシンプルな構成の抽象絵画を製作していますが、表層に現れる微妙な筆跡は大胆な構成だけに留まらず何層もの痕跡や物質感を感じさせます。蒲原みどりはモノトーンの繊細な線を集積させ具象絵画を描いています。重々しくも軽やかな線で人物、動物、昆虫、植物を描き、時には「トリック」「いたずら」の手法も使い幻想主義的な雰囲気を醸し出します。西田卓司は色彩豊かな構成主義的な感覚の持ち主で、平面作品と立体作品の両方を手掛けています。理路整然とした構成の中に遊び心があり、今回のアーティストの中で一番「色」を感じさせてくれます。森本めぐみは今回のアーティストの中で最年少ですが、しっかりとした画力と筆さばきには定評があります。描かれるほとんどが自画像で、彼女自身のイメージするファンタジー世界の主人公となっています。
この方向性も技法も異なる現代作家4人の素敵な感性に是非、触れてみてください。

pagetop