CAI
CAIExhibitionArt projectArt schoolArtists
CAICAI
CAIAbout usAccesscontactBlogCAICAI
CAICAI
Exhibition

柿﨑 熙 展「林縁から」

会期  2008年10月18日(土)~11月1日(土)
休館日  日曜祝日
時間  13:00~19:00
会場  CAI現代芸術研究所 札幌市中央区北1条西28丁目2-5
オープニングパーティー  10月18日(土)18:30~

主催:CAI現代芸術研究所

植物の種なのか、つぼみなのか、めしべなのか、おしべなのか、それとも虫のたぐいなのか?
形状だけ見れば何らかの生物に見える柿崎氏の木彫は会場の白い壁に点在され、壁全体もしくは空間全体で インスタレーションを行っている。
25年ぐらい前の柿崎氏の作品は、当時主流だった「もの派」の影響もあってか自然素材を使ったインスタレーションを展開していたが、 ここ10年ほど前から、巧みな手業で木彫の個体作品に変化している。
その木彫は白をベースに、原色のペイントをちりばめた作品であった。
数年前に、作品から色が消え、現在の作品は全体が白色だけとなり、色が消えた分、色から感じる意味性も無く、形状のこだわりが強調されている。
様々な植物の種子や部位の形状に見えると共に性的な形状にも見え、静寂したエロスという印象もうかがえる作品である。
CAIの白い壁に、白い柿崎作品が、どのように浮かび上がって見えるのかを是非、見て頂きたい。

pagetop