CAI
CAIExhibitionArt projectArt schoolArtists
CAICAI
CAIAbout usAccesscontactBlogCAICAI
CAICAI
Exhibition

Travelling Through Humahity via Portriture 「似顔絵で人の世界を旅する」

会期  2008年7月12日(土)~7月17日(木)
休館日  13日/日曜
時間  13:00~23:00
会場  CAI02 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)

主催:CAI現代芸術研究所

2005年日本最高峰の国際美術展“横浜トリエンナーレ2005”に日本代表として招聘された似顔絵アーティスト黒田晃弘が似顔絵を制作するイベントをCAI02にて開催いたします。
CAI02オープンを記念して期間中のみ特別価格で似顔絵を制作、販売をいたします。
似顔絵を通して数万人にも及ぶ、人々の関わりの中から自身が観た世界と人々の世界を似顔絵を通し黒田自身が媒体となり 伝えて行くコミュニケーションアートを是非ご体験ください。

黒田晃弘 プロフィール

2003年から、画家としての基本姿勢に立ち戻り、出会う人の肖像画を手作りの木炭で描き起こす「似顔絵描き」の旅を、活動拠点の北海道 より始めた。人々の共感を得るなかで、2005年には、日本最高峰の国際美術展「横浜トリエンナーレ2005」に招聘される。
トリエンナーレ会場で「似顔絵」を描き続ける姿はNHKの「新日曜美術館」で大きく取り上げられた。
その翌年、バングラデシュに渡り、そこに生活する人々をモデルにした展覧会を開催する。
その後、東京、北海道の美術展に数多く招聘される。
最近では、小学校での似顔絵ワークショップ、病院で患者さんに「似顔絵描き」によるアートセラピー、視覚障害をもつ方のための「手で触る似顔絵」など 多様な活動へと発展している。
黒田氏曰く「似顔絵」を通して、数千、数万人におよぶ、人々との関わりを経て、アートによるコミュニケーションで、人の世界はより活性化できる」と豪語する。
http://www.jackuro.com

pagetop